サテライトオフィスの設置メリットについてご紹介!

本社以外で働く!サテライトオフィスとは

本社以外で働く!サテライトオフィスとは サテライトオフィスとは本社とは別のところに構える拠点のことで、利用方法はいくつかあります。
定番なのは本社と同様の機能を持たせて、利用のしやすさを高めることです。
広い範囲で事業を展開するのであれば、わざわざ本社だけを拠点にするよりも、複数あった方が効率性が高まります。
また働く側にとっては、近い方のサテライトオフィスを選択できることで通勤時間を減らせるというメリットになります。
そのため時間が限られる事情がある場合でも、働くことができる可能性が高くなります。
さらに本拠地とは遠く離れた場所に、サテライトオフィスを設置することもあります。
そこでは新しく雇用の機会が生まれたり、自然に近い環境で働ける点がメリットです。

郊外にサテライトオフィスを設置する企業が増えている

郊外にサテライトオフィスを設置する企業が増えている 多種多様な人材を確保するためには企業努力は欠かせませんが、その方法としてサテライトオフィスを挙げることができそれにより郊外に住んでいる優秀な人材を確保することができます。
企業から離れた場所にオフィスを設置するということは経営者だけではなく働く方にとっても有難いことで、それにより通勤時間を大幅に短縮することができて大変便利です。
サテライトオフィスの魅力は他にもあり効率的に時間を活用することができますし、コストの削減にも繋がり営業利益を伸ばすことにも繋がります。
災害が起こった時や感染症が蔓延した時でも通常と同じように業務を継続することができるので得意先に迷惑をかけることもありませんし、地方創生や地域活性化にもなりそれが企業のアピールにもなります。
それを可能にしたのがICT技術の進展で利用環境は大変アクセスしやすくなりましたし、ネットワークを利用した業務システムが発達したことも大きいです。
通勤時間が短縮されることにより従業員の負担を減らすことができそれがストレスの軽減にも繋がりますし、介護や育児による離職を防ぐことも可能となります。
このようにサテライトオフィスを導入することにより多様な人材を確保することができ社員の通勤時間を減らすこともできるので、多くの企業が注目しており導入するところも増えています。

サテライトオフィスや公的支援を利用するなら今がチャンス

新型コロナウイルスの蔓延によって、自粛ムードが広がって同時にリモートワークが推奨されるようになりました。メディアからも新しい働き方の提案がなされて、サテライトオフィスにて仕事をする機会も増えてきました。そして、公的な支援も受けられることがあるので、公的機関からのニュースには耳を傾けていなければなりません。公的な機関からの支援を受けるためには、必要な書類などを揃えて自分のほうから要請しなければなりません。 サテライトオフィスにはさまざまなタイプがあるので、実際に自分の足を使って見て回り、実際にその場で仕事をするような気持ちになって、どのようなオフィス機器が揃えてあるのか、あるいは受付を代理の人がやってくれているのかなどを確かめてみることをおすすめします。何ヵ所かを回ってみるうちに、きっと自分の仕事スタイルにフィットするところが見つかるはずです。コロナ禍を逆に好機と見て、サテライトオフィスを 拠点に仕事を進めるチャンスなのです。

初期コスト不要で様々な機能があるサテライトオフィス

様々な働き方が模索されている時代は、これまでのように決められた時間に決められた場所で働くのではなくその場に応じてオフィスを選べるサテライトオフィスが注目されています。 まず法人向けサテライトオフィスサービスは1ヶ月1席から利用することができ、経営環境やビジネスシーンに合わせ目的や人数期間に柔軟に対応できます。 例えば本社オフィスとしての機能ではインフラなどの初期コスト不要で、ビジネスをすぐにスタートでき登記も可能であ り分散オフィスとしても利用できます。 また短期間使用する場合や新規立ち上げプロジェクトなどに活用するのもよく、在宅勤務の代わりに使用するのもいい方法です。 それから通常のオフィス賃料ならばかかる敷金や工事費設備費、電気や水道にWi-Fiなどのインフラ費用や会議室や複合機などのサービスが料金に含まれます。 さらに内装や共用設備は充実し、セキュリティの高さや電話ブースや個室があるなど利便性が高いです。

サテライトオフィスは業種により機能が異なる

サテライトオフィスは単純に遠隔の拠点と考えることも多いのですが、実際はその業種により機能が異なるため、この点に注意をし最適な方法を選ぶことが大切です。 様々な業務を行う場合に一時的な作業場に利用すると言うケースが多いのですが、その他にも取引先等の都合によりその場所が必要であると言うことも少なくありません。公共関係の業務を行う企業の場合には、地方自治体の条件に対応するためにその場所にオフィスを持つことが義務付けられることも多く、これをサテライトオフィスを利用して実現していると言うことも多くなっています。
この業種による機能の違いは、サテライトオフィスに求める条件に反映されるものとなります。単純に作業場所であればインターネット環境があれば良いと考えられることが多いのですが、顧客の要求する拠点の場合には直通電話等が用意されていなければなりません。また常に常駐していない場合には、この電話を本社に転送するなどの必要が生じる場合もあります。

サテライトオフィスのデメリットを知ることが重要

サテライトオフィスは拠点を設けることができない場所に仮想的に拠点を設けることができると言うメリットがあり、また出張時にはその場所で作業を行うことができるため、様々なメリットを生み出すことができます。最近では多くの企業がコスト削減や社内体制のスリム化のために様々な拠点を減らし、集中的に業務を行うことを進める場合が多いのですが、それでも現場ではその場所に仕事をするための場所がないとビジネスの上で支障をきたしてしまうと言うことが少なくありません。そのため多くの企業ではサテライトオフィスを効果的に利用して、その効率化を図っていますが、デメリットも存在することを意識しておくことが大切です。
サテライトオフィスは社員が常駐する場所ではなくても、必要な時に利用できるインフラを用意する必要があります。電話や近年ではインターネットを接続回線等、本社とのやりとりをするための機能が大切です。これを導入したり維持管理するためのコストが発生することや、これらの管理を行わなければならないことが、企業にとってはデメリットとなります。

サテライトオフィスのトラブルを避けるために気を付けたいこと

多様な働き方に対応できるように小規模のオフィスを作りたい企業にとって、理想的な環境だと言われているのがサテライトオフィスです。
気軽に働ける環境として日本でも多くの企業が注目していますが、環境の作り方を間違えるとトラブルが起きる可能性もあるので気を付けなければいけません。特に多いのがセキュリティ関連の問題で、他人と同じスペースを使うためにPCなどの画面を覗き見られてしまい、企業の情報が流出するリスクもあります。プライバシーに配慮した空間が作られているか、オフィスの内部をよく調べてから利用を始めるか決めることが重要です。オフィス内で使用するPCやタブレットなどの端末を盗まれないように、盗難対策も考えられていてセキュリティが万全な環境を選ぶことを推奨します。防犯性に関する問題だけでなく音に関する問題を抱えているサテライトオフィスも多く、周囲の話し声が気になる環境ではトラブルも起きやすいので注意が必要です。

サテライトオフィスは最新機能を試すことができる

サテライトオフィスは一般的には本社とは異なり、一時的に必要に応じて社員が常駐することができる機能を持つものとなっています。そのため様々な最新機能を導入しこれを試すことができる環境が整いやすいことが、大きなメリットとなります。
本社や支社などで様々な機能を導入しようとする場合には、あらかじめその効果などを十分に分析し確実性を確認してから導入することが必要です。実際に使い始めてから様々な問題が発生した場合でも、これを簡単に撤去することができないのが実情であるため、多くの企業ではこれらの機能を導入することに慎重になる場合が少なくありません。サテライトオフィスでは簡単にその効果を試すことができるため、本社や支社などで導入する以前にこれらの機能を十分に確認し、利用することができます。
サテライトオフィスでは様々な機能を効果的に利用することで、業務効率を高めることができると言うポイントもあります。積極的に最新のものを試すことが行いやすいのも、ポイントです。

サテライトオフィスは企業の将来のために重要

サテライトオフィスは単純に業務を行うための1時的な拠点と考えている企業も多いのですが、これを効果的に利用することで新たなビジネスを展開することができるケースも多いものです。サテライトオフィスを効果的に利用することで、その地域でのビジネスを拡大することができるチャンスを生み出すことも多く、使い方によっては企業の将来のために重要なものとなる場合も少なくありません。
従来は新たな地域に進出をする場合、多くの企業が支社などを構えて積極的に展開をすることが多かったのですが、現在ではより効率的にかつスムーズに行うことが求められるようになっています。支社などを展開する事は社内の様々な体制の整備や建物の確保、及び人材の異動など様々な準備をしなければなりませんでした。サテライトオフィスを利用することで迅速に仮想敵の拠点を作ることができ、顧客開拓をスムーズに行うことができます。さらに撤退する場合も簡単に行うことができるため、効率の良い方法となっています。

地方型のサテライトオフィスとは?その特徴について

近年働き方の多様化が進んでおり、「サテライトオフィス」が注目を集めています。
企業が主な拠点を置く本社・本拠から離れた場所に設置されたオフィスのことを言い、在宅勤務などと合わせてフレキシブルな働き方を実現します。
今まで通勤時間が問題で勤務できなかった人材の確保や、パートナーの転勤や育児・介護などによる離職を防ぐことができ、働き手の不足を解決する方法のひとつと考えられています。
他にも、出張などによる外出時に、従業員が事務所に戻ることなく近くのサテライトオフィスで業務を行うことで、時間と交通費の節約になり、生産性の向上にもつながります。
サテライトオフィスには地方型のタイプが存在します。
地方に設置することで地域における雇用の促進が見込めるので、地方の自治体が誘致を行うケースもあります。
企業側もより広い地域での人材確保が可能になりますし、都市型に比べてオフィスにかかる費用が少なくてすみますので、コスト削減にもつながります。
また、距離の離れた場所にオフィスを設置することで、台風や大雪・地震など自然災害における事業への影響を分散できるメリットもあります。

サテライトオフィスでフレキシブルな働き方を実現

企業や団体の本社や主要拠点にあるオフィスから離れた場所に設置されるワークスペースのことを、「サテライトオフィス」と呼びます。
本社や主要拠点を本拠地とした場合、衛星を意味する「satellite(サテライト)」から名づけられました。
サテライトオフィスが導入される理由として、働き方の多様化があります。
新型コロナ感染症の感染拡大の影響もあり、在宅勤務や出社の分散化など、様々な働き方を選択できるようになりました。
従来は本社や主要拠点でしか働くことができなかった企業も、サテライトオフィスや在宅での勤務を選択することで、働く場所を選ばずにフレキシブルに勤務することが可能になったのです。
このようなフレキシブルな働き方はワークバランスの改善にもつながり、働き手の減少問題を解決する人材確保やモチベーション向上・離職率の低下などの効果が期待されています。
また、サテライトオフィスの導入により、賃料の高い都心のオフィスの維持費を削減し、郊外や地方にオフィスを開設することが可能です。
従業員の通勤距離を削減することができる地点に開設すれば、通勤費の削減も実現します。

サテライトオフィス:新しい働き方の未来を切り拓くワークスペース

近年働き方が大きく変化しています。
特に新型コロナウイルスのパンデミックにより、リモートワークが一般的になり、働き方が柔軟性を重視する方向に向かっているのです。
この変化に合わせて、企業や個人のニーズに応える新たな概念が台頭しています。
その一つが「サテライトオフィス」です。
サテライトオフィスは、本社や主要拠点とは別の場所に設けられた小規模なオフィスや仕事のスペースを指します。
これらの場所は、従業員がリモートワークを行う際に利用でき、集中的な作業や会議、クライアントとの面談などのために使われます。
サテライトのオフィスの利点は多岐にわたります。
まず、通勤時間を削減し、効率的な作業が可能となります。
また、従業員は自宅とのバランスを取りやすくなり、ワークライフバランスの向上に寄与します。
さらに、地域社会にもプラスの影響を与え、経済的な活性化を促進することになります。
ワークスペースもサテライトオフィスの一部として考えられます。
これは、共有オフィススペースやコワーキングスペースを指し、異なる企業やフリーランサーが共同で使用する場所です。
このスペースはコラボレーションやネットワーキングの機会を提供し、創造的なアイデアの発展に貢献します。

仕事で利用できるサテライトオフィスの活用法

仕事で利用できるサテライトオフィスは、様々な形で有効活用できます。
例えば、企業にとっては本社とは別の第2次的な事務所として利用できますので社員が使う休憩スペースなどで有効活用できます。
ネット環境などを構築することも非常に簡単ですし、住所登録を行うこともできますのでインターネット上で何らかの業務を行いたいと考えている時には非常に便利です。
また、サテライトオフィスを会議室などで使うことも可能です。
特に近年では、テレワークなどが増えてきていますので社員の住所地の近くにこういった事務所を置いておけば、遠隔地からでも十分に会議に参加できるようになります。
事務所に赴けば、本社に行かなくても打ち合わせなどを効率的に行うことができるようになるので、業務効率が大幅に向上します。
何よりも、企業が実際に使っている住所として登録できるので信用性を得ることができるので社会活動を行うときに有益性がとても高いというのが魅力です。

副業にも向いているサテライトオフィスの機能や設備の充実さ

サテライトオフィスは、本社とは別に設置する事務所として非常に役に立ちます。
個人であっても、副業などで利用しやすいメリットが存在します。
これは、住所登録を行うことができて通信環境が整っているという背景があるからです。
機能や設備が充実していますので、インターネット回線であっても十分に取り揃えていくことができるようになります。
実際に、会議室や個人用で利用することもできますので業務を行いたいと考えている場合には最低限の設備を整えることができます。
休憩スペースという形でも利用できるように考えられていますので、文字通り本社の二次的な使い方ができるように考えられています。
特に、本社とは別の事務所という形で設置する場合には社員が快適に仕事を行うことができるスペースとして利用できます。
リフレッシュをする場所でも非常に有益であるため、ソファやテーブルなどといったサテライトオフィスでは設備を置くことも想定されています。

サテライトオフィスの参考サイト

神戸でサテライトオフィスをお探しなら

新着情報

◎2023/10/23

情報を追加しました。


>地方型のサテライトオフィスとは?その特徴について
>サテライトオフィスでフレキシブルな働き方を実現
>サテライトオフィス:新しい働き方の未来を切り拓くワークスペース
>仕事で利用できるサテライトオフィスの活用法
>副業にも向いているサテライトオフィスの機能や設備の充実さ

◎2022/12/16

情報を追加しました。


>サテライトオフィスは業種により機能が異なる
>サテライトオフィスのデメリットを知ることが重要
>サテライトオフィスのトラブルを避けるために気を付けたいこと
>サテライトオフィスは最新機能を試すことができる
>サテライトオフィスは企業の将来のために重要

◎2021/2/12

サテライトオフィスの環境
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

サテライトとテレワーク
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

サテライトオフィスの導入方法
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

コミュニケーションの注意点
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス 本社」
に関連するツイート
Twitter

本社の先輩大嫌いなんやけど、本社の先輩なんて週一でしか来ないし、今のオフィスにいる同期とは仲悪くないから頑張ろうって思ってたけど 今いるオフィス退去して本社に合同されるしもうこの会社で働くメリットが何一つない バイク通勤も出来なくなるし

/ wantedly更新しました🍒 \ 今回のストーリー、写真めっっっっっちゃ使ってます🤳✨ 着々と動画も作成中... 麻布台ヒルズのオフィスまるっと大公開です☺️ 【特別公開】あの麻布台ヒルズが本社!社員に人気のスポットを大公開!| 株式会社アルトワイズ

トモコレ新作がMiiじゃなくスイスポみたいなアバターで来たら流石に任天堂本社オフィスでケツ丸出しにして脱糞するわ

3. (株)アイベジの採用情報(採用強化中) 現在、事業拡大に伴い、バックオフィスのポジション(東京本社)で正社員、パート及びアルバイトを募集中です!国際協力・食農領域のスタートアップに興味関心のある方は歓迎!ご応募をお待ちしております。 ▼採用ページ▼ …

GOOD PLACEの東京本社オフィスの取材をしてくださったバチャナビさんが、オフィス人気投票キャンペーンを開始しました。是非皆さんもご参加ください! 〈東京都渋谷区〉株式会社GOOD PLACE - Make a GOOD PLACE